大徳寺・高桐院・弐♪

高桐院、客殿の南庭♪
e0080133_1242654.jpg

眩しい程の楓の青葉と苔!生命感溢れる緑色の世界、それでいて静寂で・・・
なんとも贅沢な空間と感じるよ♪
秋になると紅葉と散モミジで一面赤く彩られます。秋にも来るぞ~!
でも、人だらけでしょうね・・・




ここ高桐院は元首相・細川護熙に繋がる細川家の菩提寺。
戦国期の武将、細川忠興に建立された塔頭です。
忠興は千利休の高弟であり、
関が原の時の悲劇の女性、細川ガラシャの夫としても知られてますね~!

その忠興の縁の物もここの見所。
これは忠興、ガラシャの墓石として使われている石燈籠。
元々は利休愛蔵の品で、秀吉に譲るように請われた時に利休自ら燈籠を割り、
壊れ物ですので・・・と断ったという燈籠。後に利休自刃の折に忠興に譲られた物です。
e0080133_132713.jpg

燈籠の裏が欠けているので欠燈籠と呼ばれてます。


e0080133_1453298.jpg

これは加藤清正が朝鮮出兵の折、朝鮮王宮の門の一部を持ち帰り、
ツクバイにした物で、忠興に贈られた物です。

e0080133_1481633.jpg

西側の庭には、もう紅くなった楓の木。
元々、葉をつけた時から、紅い葉を付け紅葉期にはより紅く染まる種類だそうです。
[PR]
by finemotion-2 | 2006-09-07 01:50 | そうだ京都に行こう♪


<< 今年も咲きました♪ 大徳寺・高桐院♪ >>